≡ CALENDAR ≡
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 February 2020 
NEW ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
Rakuten
UNIQLO
BlogPeople
LINKS
≡ PROFILE ≡
≡ RECOMMEND ≡
≡ OTHERS ≡
≡ Search this site ≡


<< 三上ちさこ PV集発見!! | main | 今日のぷちへこみ >>
 スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
 2046 チャン・ツィイー再び。
昨日、映画「2046」を見に行きました!試写会に当たらなかったので、いつものとおりe席リザーブでワーナーマイカルへ。夜だったせいか、公開二日目にしては空いてるかなー、といった印象。カップルが多いですね。

そうそう、ポスターが全部で十種類くらいありました。各メインキャス
トは一枚ずつあったので、とりあえずチャン・ツィイー版をパシャ!
チャン・ツィイー
あのポスター欲しいなぁ・・・。

あとはメインのも撮っておきました(モブログに貼り付けました。)
あらすじはこちらの公式サイトをご覧下さい。
と言っても、このキャッチとか、テレビのCMとかなんだったの?って言うくらい、想像と違う映画でした。
キャッチコピーを書く方も、もうちょっと考えて欲しいですね〜〜。それともそれが狙いなのでしょうか??
というわけで、アンドロイドやらミステリートレインやらちょっとSFぽい感じですが、そんな事は無いです。

ネタばれは控えたいので、あまり内容に関しては書きませんが、以下簡単な感想です。

1.しょっぱなからキムタクの出番があり、おお、すげーじゃん!と思ったのですが・・・。最終的には、まあこんなもんかなぁという感じです。
*全く関係ないですが、来月公開予定の「ハウルの動く城」のハウルの声は木村 拓哉なのですね・・・。予告を見た感じではちょっと微妙かなぁ・・・と感じましたが。

2.総じて、状況把握が難しかったです。場面が激しく動きます。最後にちょっと書きましたが、前作をみていると人物構成がわかりやすいらしいです。
そういう意味では、もう一回見たいと思いました。

3.チャン・ツィイーは、やっぱりいいです。2046ではちょっと悲しい役ですけどねぇ・・・。ただ、出演時間が嬉しいのはファン的には嬉しいですが、ストーリー的には、まだ出るの??という感もありあり。いやでも、演技も上手いし、CMなどで出ている踊り子の服装はかなり良し。ファンは必見!!

4.フェイ・ウォンさいこーっす。アンドロイドの役も超ハマリ!
この人はいくつになっても可愛いですねぇ。
*またもや全く関係ないですが、3年前にファイ・ウォンが中井貴一と出ていた「ウソコイ」ってドラマ、最終回の見ている途中、ちょうど911の中継が入り、どうなったのか未だにわからない・・・

5.2時間ちょっとがやたら長く感じたのは私だけでしょうか?もう終わりだなぁと思ってから、さらに2,30分あった気がします。ストーリーが過去・現在・幻想の中と行き来するので、そう感じたのかもしれません。


結論としては、前作を見てから、もう一回見たい!です。
なんか消化不良で中途半端にモヤモヤしたまんまですしね。
このままだと面白いか面白くないかの判断は下せません。


他の方のブログを見ていると、「2046」はウォン・カーウァイ監督の以下の二作品と関連性がありそうな感じです。これから見に行く方は、見てから行った方がいいかもしれません。
花様年華 欲望の翼

ちなみに、僕は同監督の「恋する惑星」「天使の涙」は見ましたが、欲望の翼と花様年華の二つは見てません・・・不覚・・・。見ようっと。


サントラも発見!!
2046 サウンドトラック
他にも日本では手に入らない写真集やその他のグッズもあったので、気になる方はココをチェックしてみてください。
| 映画-Movie- | 12:56 | comments(16) | trackbacks(38) |
 スポンサーサイト
| - | 12:56 | - | - |
コメント
TBありがとうございます。こちらからもさせていただきました。
でこの映画私的には好きです。ウォン・カーワイ監督の過去の作品のその後的な要素もふんだんに散りばめられててよかったです。ただ私も絶対もう1回見に行きます。
| Hitomi | 2004/10/25 9:31 PM |
TBありがとうございました。
私が行ったのは初日の最初の回だったのですが、ガラガラでした(笑)
チャン・ツイィーめっちゃ可愛かったですよね。
私は「花様年華」は観たのですが、「欲望の翼」はまだ見ていませんでした。
是非3本また順にみたいと思います。
| てらりん | 2004/10/25 9:38 PM |
TBありがとうございます。
2046を観た後ならよりいっそう
「花様年華」楽しめるのではと思います。
自分は主人公が前新聞記者やってて夫のある
人を好きに、、とかいうせりふが出てくるまで
同じキャラだったとは
まーったく気づきませんでした。
| かずぽん | 2004/10/25 9:59 PM |
チャン・ツィイーとってもよかったのですが、
エピソード的にもうちょっと短くしても、
とは僕も思いました。
でも、再編集してこうなったということは、
あの長さが必要なワケがあるんですよね、きっと。
僕も、もう一度、二度みてみたいと思います。

たしかに、いろんなことが交錯しすぎている感は
ありますが、あの世界のあの時間の中にいることが、
どこか心地よくも感じるんです。

TBありがとうございました。私もさせてもらいました。
| tzucca | 2004/10/25 10:18 PM |
自分もSFちっくなのを期待して
映画館にいった一人です。
そして、内容見て愕然・・・・
もうちょっと宣伝の内容を
考えて欲しいですよね。
| ジャス | 2004/10/25 11:20 PM |
TBありがとうございます^^
こちらからもTBさせて頂きました。
前宣伝とだいぶ雰囲気違いますよね。
予告で「ミステリートレインが動き出し、
2046には失われた愛があるという。。」
とかなんとかありますが、電車のシーンって
そんなに多くないですしね。
でも全体的な雰囲気や音楽はすばらしかったと思います^^
| のえる | 2004/10/26 6:48 PM |
TBありがとうございます。
確かに見終わった後、少しもやもやとした感じが残りました。
が、日を追うごとになんだか好きになっていく気がします。
私ももう一度みたいです。
きっとまた印象変わるだろうな。

フェイ・ウォン、可愛かったですね。
ちょっとすると壊れてしまいそうな感じ、
今までの「恋する惑星」なんかとはまた違った印象です。
チャン・ツィイー、実は今までは、あの生意気な感じ
(もちろんそういう役だったのですが)
が苦手だったんですが、
今回はなかなか良かったなと思いました。
やっぱり生意気といえば生意気なんだけど、
今まで見たいに嫌味じゃなくて、
好感の持てる感じで。
確かに後半、ちょっと出すぎ感は私もしましたが(苦笑)

こちらからもTBさせていただきます。
| あじさい | 2004/10/26 9:54 PM |
TBありがとうございました♪
早速こちらからもさせて頂きました
チャン・ツイィー・・演技上手ですよね
2時間ちょいあったでしょうか・・やはりちょっと
長く感じました。もうちょっとコンパクトにまとめても良かったかも^^
| スカーレット | 2004/10/26 10:18 PM |
こんにちは。
TBありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。
わたしは近未来物だと思って観てしまったのでがっかりでした。
あのCMやキャッチコピーはそういう人を誘い込む作戦だったのかなぁ。
映像は綺麗だったのでそこは良かったと思います。
| よしづきみや | 2004/10/29 7:44 PM |
踊り子の衣装の数々、よかったですよね。
すべてのお洋服の全身像を観たかったです。
身のこなしも、ため息でした。
| 夏子 | 2004/10/29 10:27 PM |
こんにちは、TBありがとうございました。
フェイ・ウォンがとても素敵でしたね。映像と音楽はとても良かったですけれど・・・ 
「ブエノスアイレス」の時、チャン・チェンが良かったので期待したのですが、出番少なかったですね。(泣)
アノ宣伝コピーは許し難いですw。
| われもこう | 2004/10/30 10:23 AM |
トラックバックさせて頂きました。

宜しくお願いします♪
| あいり | 2004/10/31 8:56 AM |
TBさせていただきました。
あの宣伝はいけませんね、全く。
| maxine | 2004/11/08 8:47 AM |
一番大切な人と見たからかも分かりませんが、人間の愛の奥深さを感じて、見ていた時より、見終わった後のほうが、次々に考えることが出てきて、生きる課題をいただいたような映画でした。
| 眞智子 | 2004/11/17 9:01 PM |
メリー・クリスマス〜♪

TB有難うございました!
まだまだ、新参者なので今後共
ヨロシクお願いいたしまする。

素敵なblogを拝見させていただきました。
サンキュです!
| ツボヤキ★ | 2004/12/24 4:58 PM |
私は2046と花様年華は見ましたが、欲望の翼は見てません。
| 麗珍 | 2007/05/14 3:01 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
製作・監督・脚本:ウォン・カーウァイ 出演:トニー・レオン/木村拓哉/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー /カリーナ・ラウ/チャン・チェン/トンチャイ・マッキンタイア(“バード”)/ドン・ジェ/マギー・チャン 2004年香港 <あらすじ> 1967年
| Teralinの覚え書き | 2004/10/25 9:09 PM
《2046》 2004年 香港・中国・フランス・イタリア・日本合作映画 「−2
| Diarydiary! | 2004/10/25 9:28 PM
俺と一緒に行かないか・・・。(by キムタク) キムタクにそう言われたら、ついて行く人いっぱいいるでしょうね(笑)
| 世界の始まりとハママイコワンダーランド  | 2004/10/25 9:30 PM
ウォン・カーワァイが近未来SF?「2046」制作発表のニュースを目にした4年くらい前から不安と期待が入り交じり、制作中断のニュースを目にして「やっぱり完成しない映画になったか」と当然の成り行きのように思ったものです。カーワァイ・ファンのみなさん、みなそうだ
| 【 X-CAFE 】 | 2004/10/25 10:14 PM
1967年の香港。アパートの一室で男が小説を書いている。彼はジャーナリストから小説家に転身した男。いま書いているのは『2046』というタイトルの2046年を舞台にした近未来小説。小説の登場人物たちは、<2046>行きの謎の列車に乗り込む。それは美しいアンドロイドが
| 極私的映画論+α | 2004/10/25 10:34 PM
映画「2046」の感想です。
| ジャスの部屋 〜いん ぶろぐ〜 | 2004/10/25 11:27 PM
傑作「花様年華」から2年、、ようやくウオン・カー・ワイ(王家衛)の新作が公開された 宣伝には説明が無かったので知らなかったが、まず観て驚いたのは主人公トニー・レオンが 「花様年華」の主人公チャウでこの映画はその後の話という設定。 ただ、一度大失恋をし
| kazupon dairy | 2004/10/26 12:14 AM
(原題:2046)  率直な感想、「とにかく疲れた」。  観終わったあと、まずこれ以外に吐く言葉が見つからなかったんですよ。  ※かなりこの先ネタバレしていますので、未見の方は読まない方がいいです。
| session | 2004/10/26 4:27 PM
美しい映像と独特の雰囲気が印象的。また音楽も良かった。1967年が舞台なだけに、古めいた髪型だったりするけど、さほど古めかしい印象もなく、むしろ新しい印象さえしたのは電車の中のシーンのせいかもしれない。 ストーリーは新聞記者の男の女性遍歴の物語(爆
| OrdinaryDay* | 2004/10/26 6:45 PM
昨日に引き続き、ファボーレTOHOで『2046』を観てきました。 監督は「ウォン・カーウァイ」、主演は「トニー・レオン」、共演は「チャン・ツィイー」「コン・リー」「フェイ・ウォン」「カリーナ・ラウ」「チャン・チェン」そして「マギー・チャン」・・・忘れてました
| xina-shinのぷちシネマレビュー? | 2004/10/26 8:34 PM
本当は今日見に行く予定ではなかったけれども、 梅田まで出る用があったので見てきました。 「2046」ウォン・カーウァイ監督 トニー・レオン/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー/コン・リー カリーナ・ラウ/チャン・チェン/木村拓哉/ドン・ジエ/マギー・チャン
| あじさいの散歩 | 2004/10/26 9:55 PM
2004年 香港 製作・監督・脚本:ウォン・カーウァイ 出演:トニー・レオン/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー /カリーナ・ラウ/木村拓哉/ドン・ジェ/マギー・チャン 撮影:クリストファー・ドイル ウォン・カーウァイ監督5年ぶりの期待の新作を、初
| スカサロ別館 | 2004/10/26 10:15 PM
そりゃあいくらなんでも欲張りすぎでしょ、というのが見終わっての感想(試写)。だっ
| Days of Books, Films & Jazz | 2004/10/27 9:22 PM
「女々しい」というのは男に対して「女みたいなウジウジメソメソしたことすんな!」という時に使う言葉だが、とんでもない!男の方がよっぽどウジウジ悩む生き物だ。 そのくせ、それを認めたくない男は強がったり、小難しい屁理屈をこねたりする。その屁理屈系の男に映
| 今日のエンドロール | 2004/10/28 3:10 AM
「2046」を見てきた。いつもTVのように映画を見る。俳優や監督などに特にこだわる事なく、ふらっと見て、忘れる(^^;;; 今月は忙しくて、全く映画を見に行けなかったなぁ。 「2046」はSFかと思っていたけど、違った。期待した程ではなかったけど(騒がれていたから
| ダンスと語学な日々 | 2004/10/28 7:39 AM
この映画の意味が分からない。この映画が伝えようとしていることはなんとなく、ぼんやりとは掴めたと思う。そう、なんとなく朧気に。それも、最後の方になってようやく。ウォン・カーウァイってこの程度だったか?刹...
| 切腹! | 2004/10/28 1:51 PM
キムタクファンの方,この映画お勧めしてる方 ものすごい低評価申し訳ない。 だって ・・・つらかったもん。。。。 えぇと、「まじかよー!」と思われてもアレなので まず良かった点。 画面構成が綺麗! ワンシーンワンシーンがそのままポストカードに出
| ★映画館アルバイター風呂敷研究中★ | 2004/10/28 1:57 PM
土曜日に「2046」観ましたが。 いやんもぉ。 フェイ・ウォンがかわいくって。かわいくって。 白目きれいだなぁ。と変なところに感心しまくり。 で、やっぱり、感想もどきは、まだまだあたためちゅう〜♪ あるのかないのか・・・やっちゃえ!?いっちゃう? いく?
| おかぼれもん。 | 2004/10/28 2:44 PM
 ウォン・カーウァイの話題の新作。2046は部屋の名前である。クリストファー・ド
| BARIの毎日? | 2004/10/28 5:57 PM
実は、地震があったその夜、旦那と二人で「2046」を見に行っていました。地震はあ...
| ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp] | 2004/10/29 3:45 AM
授業が終わったあと、バタバタしながらシネコンへ向かいました。 終了時間が遅かった為昼ご飯もまともに食べられなくて、それでも映画みなくちゃと道を急ぎました。 本日のお品は「2046」 息を切らせて劇場に到着したのですが…。 言っちゃっていいですか?
| サプリメントざくざく。 | 2004/10/29 7:44 PM
観てきました「2046」。1時間前終了。 ゆうべは「1800円正規の鑑賞料金で」と書きましたが なんと今日は金曜日、初回上映は1300円。 1300円だったら、それほど憤慨なし。 というかー。キライじゃないですよお。わたしは。 もっと難解で困ったち
| ・・・の続き | 2004/10/29 8:06 PM
監督 ウォン・カーウァイ 出演 トニー・レオン 木村拓哉     チャン・チェン コーン・リー 
| あいりのCinema Cafe | 2004/10/31 8:12 AM
■ 2046 2046公式サイト 久しぶりに映画館まで足を運んで見た映画です。 日本では、キムタクこと木村拓也が出演するので 世界進出とか騒がれていた映画ですね。 それにしても、キャスティングが豪華! Tony Leung Chiu-wai(トニー・レオン) Zhang Ziyi(
| Bran-Nu : Z1editon | 2004/10/31 5:40 PM
「2046」観てきました。 実は薬の副作用もあって、不覚にも途中で少し眠ってしまいました…。 なのでストーリーの善し悪しは判断出来かねます。 カーウァイ監督の前作「花様年華」の内容も忘れていたのも痛かったわぁ。 なので、ぜひみなさんのコメントを聞かせてく
| Easy Way Out | 2004/10/31 9:05 PM
 前日に『花様年華』を観て今日が『2046』。ウォン・カーウェイ作品を連続で鑑賞。  さて、日本においてはキムタクが出演するということで超話題作になっているこの作品。前作『花様年華』に比べてこの映画、ずっと見応えがある。前作がいわゆる行間だらけの観客
| 四次元ボケっと気ままに、映画評 | 2004/11/02 2:05 AM
観ていて途中、「これ今年のナンバーワンだわ」と思った。 作品は決して観る側に起承転結を投げかけては来ない。ひたすらずっとウォン・カーウァイ監督の世界一色であるから、観客がどれだけその世界に入り込み、共に酔いしれるかどうかで印象は変わってしまう。 実際
| The Nightfly | 2004/11/08 8:42 AM
「オススメ図鑑」に分類してみたものの、実はそんなにオススメでもないので羊頭狗肉の感がぬぐえないのですが・・・。 公式サイトはこちら。→ ★ ぶっちゃけ評価は以下の通り ウォン・カーウァイのファンは、映画館で観ましょう。 それ以外の人は、観たけれ
| Isa-LABO | 2004/11/18 4:21 PM
木村拓也が出演で話題の「2046」。この映画は私も大ファンであるウォン・カーウァイ監督の作品です。
| アフィリエイトな生活 -blog- | 2004/11/21 10:33 AM
今日は個人的に思い入れのある女優さんを取り上げたいと思います。チャン・ツィイー(章子怡)さんです。初めてこのアジエンスのCMを見たとき、衝撃が走りましたね。正にアジアンビューティー!!今日現在では『2046』などの公開などに伴い、チャン・ツィイーさんの知名度も
| 日刊 「美しい人」 | 2004/11/23 1:21 AM
●トニー・レオンの王家衛監督作品集大成とも感じられる名作(迷作!苦笑)ではないのか! 《ocean-filmsのTRAILER》見ただけで、その立ちのぼる色香にノックアウト。アジアのレトロモダンなイマジネーションには目眩がしてくる程に魅了される。 これは、王家衛の美
| ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY | 2004/12/23 11:51 PM
難解。要するに香港の源氏物語か。主役のトニー・レオンの周りに美女が入れ代わり立ち代わり。にも関わらず本人は凄く苦悩。チャン・ツィイーの溌剌とした演技が救い。
| Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々- | 2005/02/26 12:28 AM
俺と一緒に行かないか。キムタクの台詞。予告編でも、あんなに印象的に、してたのに。・・えっ?出番、こんだけ? えっ?えっ?なんだか知らないが、『花様年華』なる映画の続編らしい。見る前に知ってれば、先にこっちを観たかも知れないのにな。残念。だって、つまり
| cube1555.com | 2005/05/14 8:31 PM
 『2046』を観た。  この監督が作る作品は僕の中で当たりはずれが激しい気がする。『2046』ははずれだったかな・・・  言うまでもなく映像はものすごくきれいだった。カット割とか音楽もその映像にマッチしていて、観ていて心地よいものだった。でも、その心地
| 僕の中の世界 | 2005/06/14 3:44 PM
どこでもドア 自己再認識の 旅へ誘う  こりゃこりゃまた、見たのチョイ前シリーズで、これも自分のHPにも掲載したけど、これもまたまた、このブログでも言わせてほしくって、書くね。  監督のウォン・カーウァイを知ったのは、もう随分前。十年以上前かな
| 空想俳人日記 | 2005/09/14 2:25 PM
レントラックジャパン 2046 あらすじ…  1967年の香港。新聞記者から物書きへ転向したチャウは、  これまで何人もの女たちと刹那的な情愛を繰り返していた。  ある日、彼はとあるホテルの2046号室に泊まることに。  そして、宿泊先のオーナーの娘ジンウ
| ケイティの映画的生活 | 2005/09/17 8:06 AM
舞台は1960年代の香港、記者のチャウ(トニー・レオン)が、シンガポールで出会ったスー・リーチェン(コン・リー)への愛しい想いを綴る。 理由も分からず別れていった彼女への想いを引きずり、行きずりの女たちとの夜を繰り返す。部屋はルームナンバー204
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2005/10/18 2:44 AM
「2046」★★★☆ トニー・レオン,木村拓哉,コン・リー,フェイ・ウォン,チャン・ツィイー主演 ウォン・カーウァイ 監督、香港、2004年(wowow鑑賞) 色と揺らめくカメラワークが 美しいので、 セリフだけ消す ボタンがあれば、 映像と音楽だけで 充分に楽しめ
| soramove | 2005/11/22 7:59 AM